システムトレードソフトの登録から使い方までを解説します。

株システムトレードソフト比較NET > ちょっと実践的な選び方 > 証券会社が提供する無料ツールで初期投資を抑えよう!

ちょっと実践的な選び方

証券会社が提供する無料ツールで初期投資を抑えよう!

明るい部屋でトレードを楽しむ女性

システムトレードソフトを購入しなくてもシステムトレーダーになることができます。ここでは、はじめて投資に触れる方でも入り口として使いやすい証券会社ツールを3点をご紹介させて頂きます。

1.新マネックストレーダー / マネックス証券

マネックス証券が提供するマネックストレーダーは高機能なリアルタイムトレーディングツール。マルチ気配ビューア、リアルタイムランキングをはじめとした豊富な情報分析機能が備えられているのが特徴です。使い勝手も良く、株ソフトまにあは旧シリーズのマネックストレーダーからずっと愛用しています。インターフェイスが美しいのも魅力的ですね。

新マネックストレーダーの公式サイトはこちら>>

2.マーケットスピード / 楽天証券

楽天証券のマーケットスピードは国内株式・米国株式・為替・日経225先物・オプション・海外先物・カバードワラントを取引できるツールです。信用取引口座を開設していれば無料で使うことができますね。証券会社が提供するツールは初心者向けに開発されているものばかりですが、マーケットスピードは上級者向けのカスタマイズ機能も充実しています。ベテラントレーダーの株式投資も強力にサポートしてくれます。

マーケットスピードの公式サイトはこちら>>

3.HYPER SBI / SBI証券

株ソフトまにあがはじめて口座開設したのが、こちらのSBI証券でした。それからずっとHYPER SBIを利用しているユーザーとなります。株ソフトまにが口座開設する際の基準は逆指値ができるかどうかですが、もちろんHYPER SBIでも使うことが可能です。マーケット情報やニュースなど投資情報満載の機能が瞬時に確認できますし、操作性も簡単で楽しくなるツールですね。

HYPER SBIの公式サイトはこちら>>

4.株ソフトまにあも愛用中の人気を集める新マネックストレーダー

特にマネックス証券が提供されている、新マネックストレーダーはユーザー人気が非常に高い、優れたツールとして人気を集めています。こちらでは、注文形態のルールに基づいて機械的に取引することが可能なので、感情という最大の強敵からの攻撃を避けることができます。その為、リスク・コントロールを重視することに繋がりオンタイムでマーケットの状態を見る必要がなくなる等の利点があります。

5.証券会社ツールでシステムトレードの優位性に出会おう

システムトレードソフトなどの初期投資を抑えたい方は是非、証券会社ツールを活用しながらシステムトレードの優位性を取り入れて下さいね。その後、独自のトレーディングシステムを開発できるシステムトレードソフト・ツールに触れていくのがベストですね。

ちょっと実践的な選び方
ちょっと実践的な選び方ガイドでは、システムトレードソフトを無料ツール・本格派向け・テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析から比較することができます。
「株システムトレードソフト イザナミ」なら初心者からでもOK!

圧倒的なトレード利益を生み出す複数の戦略が使える「イザナミ」。3万件以上のダウンロード数を誇る、業界No.1のシステムトレードソフトです。7日間の無料体験が可能です。

システムトレード イザナミ

システムトレード イザナミイザナミは、投資のプロが開発した戦略の「期待収益率」や「勝率」の高いシステムから選ぶことができます。あなたは、常に最新の成績が良い売買ルールで相場に挑める優位性が手に入ります。それは初心者の段階からでもとても稼ぎやすいということですね。トライアル版は7日間有効です。

スイングキュル2LU (イザナミ公認売買ルール)

スイングキュル2LU (イザナミ公認売買ルール)上昇トレンドを担当する順張り買い戦略。2000年01月から200万円で運用開始した場合、1,391万円(+1,191万円)となります。平均年利は34.9%、勝率(月単位)は80.5%です。期待値は2.1%と株価上昇が予測される相場に合い低資金での運用が可能です。

デュアルインパクト(S)Ver.1.2

デュアルインパクト(S)Ver.1.2下降相場に対応する寄り引けデイトレード売り戦略。新しくなったVer.1.2では、徹底したリスク管理とマーケットインパクトが考慮されています。1日で完結したいシステムトレーダー向けです。

イザナミストラテジーランキング

イザナミストラテジーランキング新しい収入の流れをシステムトレードで得るためには自分にピッタリの戦略が必要です。ランキングページでは「買い」or「売り」、「順張り」or「逆張り」など、あなたのトレードスタイルに合った成績上位の戦略から選ぶことができます。